排水管の水漏れの原因とチェック方法

家庭内で起きる排水管の水漏れの多くはトイレ、キッチン、洗面所及びお風呂場で起きます。それぞれの場所には設備が設置されており、その設備で毎日水を使っているためその排水管で水漏れが起きることが多く、水漏れの原因とどの場所で起きるかはそれぞれの設備によって異なっているためそれぞれに合わせた対処が必要です。

■キッチン、洗面所、風呂場での排水管の水漏れ

これらの設備の排水管の水漏れの原因で一番多いのはつまりです。排水口より水が流れないとか流れにくい場合はまずこれが原因であることが考えられます。キッチン、洗面所などは排水に色々なものを流すため排水管に水垢やごみがたまっていることが多く、ここに髪の毛などが詰まったりして水漏れの原因になります。また、指輪や子供のおもちゃを落としたりすることもありますが、この場合は原因をよく特定して慎重な対応が必要です。洗濯物のポケットに入れ忘れた手帳やスマホ等が洗濯時に流れ出して、詰まるといったことはよくありますが、この時も同様です。他にも排水管の部品のつなぎ目が緩んでいたり部品が損傷していたりすることもあります。部品のつなぎ目が緩んでいないのにそこからぽたぽた水が漏れているようなときはパッキンが損傷していることが考えられます。
お風呂の排水は洗面所やそこに置かれた洗濯機の排水等が集まって流れる構造になっていることが一般的です。このため種々の廃物が流れて配水管の中にも粘土状に蓄積したりしています。この排水口から水が流れない時はかなり奥深くで異常が起きていることがあり、慎重な対応が必要になります。奥の方でぽたぽたと水の落ちる音を聞くなど異常を感じたら早めに専門家である水道 工事業者に依頼することも必要になります。

■トイレの水漏れ

トイレは水の供給、排水ともに複雑な構造であるため、いろいろな場所で水漏れが起きます。大きく分けて設備のいろいろな場所で起こるものと、排出物のつまりにより水があふれだすものとがあります。後者の場合は水を流しても流れないという現象ですぐにわかります。設備のいろいろな部分で水が漏れだすものに関しては、トイレとしては使えることが多く気を付けて使いながら専門の業者に対応してもらうことが必要になります。
また水が止まらないといったことや水が出ないといったことも設備の故障により起きることがあります。この場合はトイレの業者に相談する必要があります。

■まとめ
家庭内の排水管の水漏れは設備ごとに状態や原因が異なるためそれぞれに対する対応が必要です。まずはどこから水が漏れているかを探し、原因を見つけることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ