排水管の水漏れの修理方法

排水管の水漏れが起こったらまずはどこから漏れているかをチェックし、原因を突き止めますが、場所や原因が特定されたら個人でも比較的簡単に修理が可能な場合もあります。では、実際にどのような場合があるのか見てみましょう。

■排水管のつまりの解消

トイレで多いのは、物のつまりによる排水が流れないというトラブルです。排水管には常に排水とともに汚物が流されているため、そのくずが蓄積して詰まりやすくなっています。また大きなものが流されて詰まるということもあります。トイレが使えなくなるため、何とか応急処置をする必要があります。この時に一気に多くの水を流すと床にあふれ出すので、気を付ける必要があります。水を汲みだしながらぬるま湯や洗浄剤を混ぜた水を流すと効果があります。
また、ラバーカップと呼ばれるつまりを解消する器具がある場合は、これをつかって水の流れを作ったり、異物を吸い出すこともできます。次は排水管を掃除して、つまりがあればそれを取り除くことが必要です。掃除には市販の洗浄剤を使うと良いでしょう。またワイヤーのようなもので詰まっているものを取り出すか押し込んでしまえば解消することがあります。
つまりの原因は、トイレットペーパーを大量に流したための場合が多いですが、子供のおもちゃなど異物を落としてしまった場合などは慎重な対処が必要です。この場合は水により奥へ流してしまうと、かえって大変になることがあります。このケースは素人ではトラブルの解決が難しいので、専門家である業者への依頼が必要となります。急ぐ場合は早急に対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

■部品のチェックと交換

次に多いのが排水管の部品の結合部分のゆるみです。洗面所やキッチンの排水管は台の下でチェックすることができます。部品のつなぎ目から水が滴っているような場合は、この原因によるものが考えられます。この場合はプライヤーなどで結合部分をつないでいるナットを締め直すと、水漏れが止まることがあります。
また結合部分のパッキンが古くなって、そこから漏れていることもあります。この場合はパッキンを交換すれば直ります。さらには排水管の部品が損傷して、そこから漏れている場合はその部品の交換が必要になります。
これらの部品や工具はホームセンターで市販されているものがありますが、個人でできる範囲は限られており、やはり専門の水道 工事業者に依頼する方が無難でしょう。

■まとめ
以上、水漏れが起こる場所と原因が特定された場合に個人で修理できることをまとめました。一度個人で対処すれば、水漏れの起こる原因や状況が理解できるでしょう。
普段からものを流す時に注意をし、時々市販の洗浄剤を使用することで、水漏れが起きないように予防することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ